この度、株式会社GENOVAは、「身近でやさしい医療メディア」をコンセプトに医院検索だけでなく、病気や症状、検査内容などの医療情報を届ける医療メディア「Medical DOC」に、桐山漣さんにご出演いただきました!

桐山漣、最新の視力矯正術ICLで「世界が変わった」

目が悪くなってしまった人の新しい選択肢「眼内コンタクトレンズICL治療」

URL:https://medicaldoc.jp/column/kiriyama-icl/

いわゆる近視のひとの悩みの大半が、視力矯正によって起こる様々なトラブル。眼鏡、コンタクトで視力矯正をしなければ日常が送れず、それがストレスとなっているひとも多いことでしょう。そんな日常から、ICL手術によって解放された俳優の桐山漣さんに、その画期的な手術の体験談をお聞きしました。ICL手術の経験豊富な、北澤世志博先生との対談形式でお送りします。

■出演者プロフィール
桐山漣
俳優
2009年『仮面ライダーW』にて左翔太郎役で連続テレビドラマ初主演。近年の主なドラマに『コードネームミラージュ』(17)、『探偵が早すぎる』(18)、『これは経費で落ちません!』『CHEAT チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(19)、『いいね!光源氏くん』(20)、主な映画に『曇天に笑う』(18)、『貞子』(19)などがある。8月13日よりドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ・日本テレビ系にて毎週木曜よる23:59~)が放送予定。

 

北澤世志博先生
サピアタワーアイクリニック東京 執刀責任者

福井大学医学部医学科卒業後、東京医科歯科大学医学部眼科に入局。その後、医療法人ひかり会パーク病院眼科部長や東京医科大学医学部眼科客員講師を歴任後、2019年にサピアタワーアイクリニック東京の執刀責任者に就任。これまで5万件以上のレーシックなどのレーザー屈折矯正手術、8千件以上のICLなどの有水晶体眼内レンズ挿入術をおこなう。日本眼科手術学会の理事を務め、日本眼科学会認定専門医、ICLエキスパートインストラクターなどの資格を有する。

■Medical DOCとは
「身近でやさしい医療メディア」をコンセプトに、これまで関わってきた業界トップクラスの病院・ドクターに協力を依頼、体の悩みを抱える方へ「信頼でき」なおかつ「わかりやすい」情報を届ける医療メディアです。

https://medicaldoc.jp/

今後も「Medical DOC」では、各分野で活躍されているスペシャルなゲストをお招きし、皆様に役立つ医療情報をお届け致します。

 

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社GENOVA 広報担当
TEL:03-5489-7966
FAX:03-6849-2572
E-mail:info@genova.co.jp